「こどもの本 2020年1月号」2019.12.21

日本児童図書出版協会「こどもの本」の、

2020年の表紙を描かせて頂くことになりました。

こどもの本の新刊情報が、ぎっしり詰まった月刊誌です。

私自身、初めての絵本『わたしドーナツこ』が出版された際、

〈私の新刊〉というコーナーに掲載して頂き、

とても嬉しかった思い出のある冊子です。

そんな素敵な機会を頂けて、とても光栄だし、幸せです!!

 

お話を頂いたのは、まだ暑い頃。

「何でも、自由に描いていいです」と言って頂き、

また時間もたっぷりあったため、あれこれと迷いましたが…。

私を推薦して下さった方が、線画を気に入って下さっていたこと。

それから、「こどもの本」の表紙なので、表紙だけれど、

挿絵寄りでもいいのかな?と思い、物語の中の1番いいシーン、

みたいなものを、毎号描いていけたらいいな、と考えました。

表紙の絵に加えて、表紙についての短い文も書いています。

こちらも、どんな文でも(例えば、制作秘話のようなものや、

あとがきのようなもの)可なのですが、色々と考えた末、

私は短い短いお話を書くことにしました。

150文字は、書いてみるととても短く、どう省略するか、

どこを切り取るか、悩みながらも、楽しく制作しています。

絵・文ともに、許可を頂いたので、こちらに掲載します。

・・・・・・・・・・

初日の出

新しい小さな太陽が、出発の時を迎えました。

これから366日、たったひとりで空から地上を照らすのです。

任務を終えたばかりの太陽が、白い貝殻を差し出します。

歴代の太陽たちがずっと大切にしてきたお守りです。

新しい太陽のたてがみが、厳かに輝きはじめます。

過去と未来の太陽たちが、静かに見守っていました。

・・・・・・・・・・

誰かにとって、何となく捨てられない、残しておきたくなるもの。

そんなものを目指して、取り組んでいこうと思います。

協会のHPもございますので、そちらもぜひご覧下さい。

「こどもの本」